コーヒーのハンドドリップに使うお湯の温度調節の仕方

コーヒーのドリップに使うお湯の温度調節の仕方
お湯を移し替えて温度を下げると、コーヒーがまろやかになります

こんにちは。しげとしです。

コーヒーは、お湯の温度によって出来上がるコーヒーの味が変わります。

基本的に、抽出温度が高い(95度以上)と苦味が強くてメリハリのある味になり、温度が低い(75度以下)とボンヤリとして酸味のある味になります。

適正な温度は、ペーパードリップの場合は、大雑把に言えば流派が2つにわかれていて、92~95度の高温抽出派と82~83度の低温抽出派にわかれます。

92~95度の高温抽出は、苦味の効いたメリハリのある味になりますが、深煎りコーヒーの時に苦味が強く出やすいことと、注ぎ方が荒いと抽出ブレが出やすくなることが悪い点です。

82~83度の低温抽出は、まろやかな味になりますが、メリハリのきいた味のほうがお好みの方も多いかも知れません。

適正な温度は、抽出方法によっても変わります。

ネルドリップの場合は、ネルに温度がとられますので92度~95度の高温抽出が多いと思います。

ただし、サイフォンやボダム、エスプレッソなどは、全く別の抽出方法ですので抽出温度の考え方も違っていて、別の機会のご説明したいと思います。

ここで、初心者の方が家庭でコーヒーを抽出するときに、オススメの温度調節のコツがあります。

「コーヒーをいれる時には、ナベやヤカンなどコーヒーポット以外の容器でお湯を沸かして、常温のコーヒーポットに移し替えてください。」

そうすると、92度ぐらいのお湯になります。92度ぐらいだと抽出ブレが出にくいのでおいしいコーヒーが入れやすくなります。

95度以上だと抽出ブレが起こりやすいので、一度、火にかけている容器からお湯を移し替えて温度を落とす(湯冷ましする)のがオススメです。

それ以上下げる場合は、温度計をポットに挿して差し水をしてお湯の温度を下げて下さい。

コーヒーの名店で多い「82~83度のお湯」にするには、温度計をポットに入れて差し水でコントロールする必要があるため慣れが必要ですが、コーヒーポット以外の容器でお湯を沸かして、常温のコーヒーポットに移し替えて92度ぐらいに落とす(湯冷ましする)のは簡単ですので、必ず行なって下さい。

コーヒーポットを火にかけると温度ムラが出て注ぎ口だけが熱くなる場合がありますが、火にかけなければムラが無く、安定して均一なお湯が出来上がります。

「コーヒーポットを火にかけない」というのが、私がおすすめするおいしいコーヒーのコツです。

では、また。

しげとし珈琲ブログをオープンしました。

しげとし珈琲

しげとし珈琲のしげとしです。

いつも私どものサイトをご覧いただき誠にありがとうございます。

このサイトは、2000年に最初に立ち上げた思い出深いサイトなのですが、最近は更新ができていませんでした。

「これではいけない」と思いまして、勉強のためにブログサイトに修正してリニューアルを始めることにしました。

今まで上がっていた内容も随時アップしてゆく予定ですし、できれば新しい内容も書いてみたいと思います。

自社のブログならモールでは書けないことも書けると思いますので、マイペースに書き進めてゆきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。