SCAJカンファレンスに行ってみよう!

SCAJカンファレンス2012
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。しげとしです。

今回は、私もお世話になっているSCAJ(日本スペシャルティコーヒー協会)の今年のカンファレンスのご報告です。

SCAJのカンファレンスは、毎年9月下旬に東京で行われます。

とりわけ、ここ数年は東京ビックサイトで、様々な競技会の決勝とともに賑やかに開催されています。

別室で行われているセミナーは有料のものや事前申し込みが必要なモノが多いのですが、大会場のカンファレンスには一般の方にもご参加頂けます。

私の1日をご報告しますので、興味がある方は参加してはいかがでしょうか?


東京ビックサイト

去年の1.5倍の広さでした。


カンファレンス会場にはコーヒー器具や焙煎機、エスプレッソマシンなど、様々な機材が並びます。

これだけたくさんの焙煎機をいっぺんに見学できるのは、毎年楽しみです。

こちらが、今話題のスマートロースターです。

西海岸のサードウエーブと呼ばれるコーヒー屋さんの間では、大人気で、実は、私も気になっています。


スマートロースター


こちらは、実績のあるプロバットです。

今も昔も、大人気の機種です。


プロバット


こちらは、ディードリッヒです。

バランスが良いので、こちらも私は気になっています。


ディードリッヒ


こちらは新しいメーカーです。

長い間、プロバットを作っていたメーカーさんが自社ブランドを立ち上げたそうです。

オシャレですよね。


新しい焙煎機で気になる


こちらは、バッハさんのマイスターです。

日本が誇る老舗のコーヒー屋さんが作った焙煎機です。

バッハさんの焙煎機


家庭用のコーヒー器具のブースもあります。

下は、今年10月に発売開始予定のハリオのコーヒーメーカーと、カリタの円錐ドリッパーです。

ハリオ式コーヒーメーカー

カリタさんのブース


エスプレッソマシンやプロ用の機材もたくさん並んでいます。


メリタさんのブース

エスプレッソマシーンの中も見えます

こちらもエスプレッソマシン

これもエスプレッソマシン

これもエスプレッソマシン


コーヒー生産国のブースもあって、世界中からコーヒー関係者が集まってきています。

こちらは、エチオピアのブンナセレモニー(コーヒーセレモニー)の様子です。

お客様が来ると、こうしてフライパンでコーヒーを煎って、お湯を注いでコーヒーを作ってみんなで飲むのが、歓迎の儀式らしいです。


エチオピアのコーヒーセレモニー


パナマのブースは、相変わらずキレイな色使いです。


パナマのブース


こちらはコスタリカのブースです。毎年お目にかかるバリスタが腕をふるっていました。

コスタリカのブースではいつものバリスタ


こちらは、グァテマラのブースです。

ヘッドカッパーのエドワルドさんが、今年もいらっしゃっていました。


グァテマラのヘッドカッパー エドワルドさん


こちらは、ハワイのコーヒーと、アジアで発売される新しいコーヒーの雑誌が共同で出展したブースです。

皆さん、工夫を凝らしています。


ハワイの関連品のブース


当然、いたるところでコーヒーが振る舞われていて美味しいコーヒーを楽しむことが出来ます。

個々のラテは、ミルクフォームの口当たりが柔らかくて美味しかったです。


このラテは美味しかったです


カンファレンスで私の一番の楽しみは、世界中から来たコーヒー関係者とお目にかかれることです。

毎年、SCAJカンファレンスだけでお目にかかる方も多いので、ご挨拶できるのが楽しみです。


ニカラグアの生産者さん 


グァテマラのポールさんとマイクさん

グァテマラのマイクさんとエチオピアのトレーダーさん

グァテマラのエドワルドさん

ブラジルのシルビオレイテさん


こうして、夕方になるまでコーヒーの宴は続きます。

東京ビックサイトの夕景


最近はカンファレンスの後、お取引先様のトレーダーさんに産地の方とのミーティングに呼んで頂くことが多くなりました。

今年は、ブルーマウンテン関係者のミーティングでした。

ブルーマウンテンはマイクロロットのフリーウオッシュを販売しています。

他では出回らないブルーマウンテンを作って頂ける事に感謝を伝えるとともに、日本のお客様の好みや、現場で感じることを生産者さんに直接お伝えする素晴らしいチャンスですので、今年もたくさんの要望をお伝えしました。


ブルーマウンテン関係者とのミーティング

こちらがブルーマウンテン関係の皆さま

全員揃って


私の2012年のSCAJカンファレンスは、こんな感じでした。

これ以外にも様々な競技会が大会場のステージで行われていて、賑やかです。

コーヒー好きなら楽しめる催しですので、来年は参加されてはいかがでしょうか?


では、また。

● トップページに戻る
ハリオ式円錐ドリッパー
ハリオ式円錐ドリッパー
コーヒー用ドリップポット
コーヒー用ドリップポット
電動コーヒーミル・スターターキット
手挽きコーヒーミル・
スターターキット
グァテマラ・パカマラ
グァテマラ・パカマラ
しげとしコーヒー




しげとし珈琲のしげとしです。

【重歳 修 (しげとし おさむ)】
[有限会社しげとし珈琲代表取締役]

1966年岡山県生まれ。高校に行く傍ら16才から親が経営する喫茶店でアルバイトを始める。高校卒業後、甲南大学に進学するも、学校をサボってカフェでコーヒーを飲むことにうつつを抜かす。

卒業後、イトーヨーカドーに入社し婦人衣料部に配属される。売り場で年配の女性に衣料を販売している時、「お客様が欲しいのは『服』ではなく『お母さん新しい服買ったの?』というご家族のひと言では無いか?」と感じたことが人生の転機となる。

「ご家族との会話が欲しいならコーヒーの方が良い」と考え会社を辞め、「人と人をつなぐ接着剤としてのコーヒー」をテーマにコーヒー屋を開業。「ご家庭でおいしいコーヒーを楽しむ」ことに全力を傾け、現在に至る。



【しげとし珈琲の店舗は、楽天にあります】

コーヒーにこだわり、焙煎や抽出など技術にこだわった結果、「素材に勝る技術無し」と言う結果になりました。

上がり続けるコーヒー生豆の価格に対応して、原価を気にせず最高の素材を使って手間と時間をかけて自分の思う最高のコーヒーを作った上で、ご家庭で手軽に楽しんでいただける価格を守るために、悩んだ末に、実店舗をお休みして通販専門店になることを決めました。

今は、直火焙煎コーヒー豆 しげとし珈琲というお店を楽天で営業しています。

欧米の業者との買い付け競争に高価格で勝ち、素晴らしいコーヒー生豆を買い付けた上で販売価格を抑えるためには、少人数で一生懸命に働き、販売管理システムを使って店舗運営を効率化することが必要です。

そう考えたとき、今のしげとし珈琲には楽天のセキュリティが最適でした。

ネットの世界にありながら、ご近所のお店と同じような対応が出来るお店でありたいと日々精進しています。

facebookページでは、お店で起こる毎日の出来事や、新しいコーヒーのご紹介など、身近な話題をお届けしています。
新しい動画が出来たときは、一番最初にfacebookでご紹介しますので、ぜひ「いいね!」してくださいね。
 

● トップページに戻る

sitemap
 
【お問い合わせは、こちら

〒700−0901 岡山県岡山市北区本町1−4
有限会社 しげとし珈琲
電話・FAX 086-222-9246
E-mail shigetoshicoffee@syd.odn.ne.jp


【お買い物は、こちら】
http://www.rakuten.co.jp/shigecafe/
【しげとし珈琲の目指したい姿】

「おいしいコーヒーは、人を豊かにする」と、私達は考えています。

貧しい国の農民が一生懸命に作った高品質なコーヒーを、農民が「喜んで売りたい」と思う金額で買い、「喜んで買いたい」と思うお客様に楽しんでいただくことで、自分を含めて世界中の皆が豊かに幸せになれる「珈琲を通じた笑顔の循環」を作りたいと考えています。